AGA(男性型脱毛症)男性の薄毛対策グッズ!頭皮エステ機器

パナソニックとアンファーとの共同開発で販売されている、頭皮エステを目的とした『スカルプD メカノバイオEH-SHM87』が8月7日に発売されました。販売価格は13,800円(税抜)で「アンファーストア」「パナソニックストア」などのオンラインサイトでも発売されています。

そんなスカルプDについて今日は書こうと思いますが、その前にAGAに一番効果が高い方法を先にご紹介します。一番効果が高いのはAGA専門クリニックです。医学的根拠に基づいた診断、処方をしてもらえるので間違いないというのが理由です。それを踏まえたうえで、AGA専門クリニック以外に考えられる対策ということでお話します。

【なぜ開発に踏み込んだか?】

累計販売1,200万本を突破している「スカルプDシャンプー」の購入者の意見を聞いてみたところ「頭皮ケアマシンを作って欲しい」との声が多かったのがきっかけだそうです。日本医科大学と共同研究した結果、頭皮ケアには頭皮を大きく動かす事が大事と分かり、アンファーの考える頭皮ケアがパナソニックの頭皮エステと考えが近かったのです。内容は、洗浄機能は勿論の事、ヘッドスパで行われるような動きを再現している点がアンファーが求めていたものに近かったので共同開発に至ったそうです。

【エステ機器を使うとどのような効果が?】

頭皮マッサージの実験を元に、強すぎず、弱すぎず適度な物理的刺激を与える事が発毛促進に優れた効果を発揮する可能性があるとしています。
この効果を発揮するのに役のたつのが頭皮エステ機器だとされ、頭皮を大きく動かす事で血行を促進し、育毛剤などの成分が浸透しやすくします。
メカノバイオは薄毛で悩んでいる方の他に、将来的に防ぎたい方などの予防対策にもなるとされています。

【薄毛対策に使用したいエステ機器】

スカルプDで薄毛対策男性シャンプーシェアNo.1のアンファーとパナソニックが共同開発した頭皮エステ機器の効果の特徴とは!
頭の丸みに合わせてどの部分にも密着するよう密着度を高めた「スカルプDブラシ」とヘッドスパの動きを再現した4つの突起がスパイラル状に動く「スカルプDモード」が搭載されている点が特徴だそうです。
この2つを組み合わせた事で、従来モデルより約1.4倍もの大きな動きに成功し、頭皮を大きく動かせるようになったそうです。運転モードは「Low/High/SCALP-D」の3つです。

【開発秘話】

メカノバイオの開発には、約3年の開発期間が必要で、頭皮を大きく動かす事にこだわり、女性ターゲットのヘッドスパエステシャンの指の動きに着目をし研究しました。
その結果、頭皮を動かすのには、人差し指と中指の動きが重要な事に気づき徹底分析し、頭皮をはさみあげ、持ち上げ、ねじあげる、という心地よい動きが実現したそうです。

海藻を食べると発毛する?ウソ?本当?

昔から海藻を食べると髪の毛にいいと薄毛の方にも食べれば?なんて言われることありませんか?海藻って本当に効果あるの?
日本人はワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻を良く食べます。でもAGAの人多いです。なぜ?ってなりますよね。
そのなぜを調べてみました。

【昆布やワカメの海藻類で発毛するのか?】

毎日、海藻類を気にして摂取しているが、本当に効果はあるのか!と疑問に思いながらも食べちゃいますよね。昔から良く海藻は髪の毛に良いと言われていますが、本当はどうなのでしょう?
「育毛に、発毛に、薄毛に」と連想のセットで考えられるほど海藻類は想像するのではないでしょうか。確かに海藻類は髪の毛には良いのですが、大量に食べたからといって、育毛と発毛には繋がりません。ウソまではいきませんが本当とも言えないのが答えなんです。
髪の毛の色艶は良くなるかもしれませんが、髪の毛自体を生成できるほどの栄養素は補えないのです。
海藻類には、ビタミンB2、亜鉛、ミネラル、食物繊維を多く含んでいますので栄養はありますが、髪の生成には足りないのです。

【では、髪の毛に良い必要な栄養素とは?】

髪の毛の成長を促進するには、毛根の中心部の毛母細胞を活性化し、分裂を繰り返さなくてはいけません。プラス頭皮トラブルを起こさないという条件も必要になります。そこで必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、青魚に含まれるオメガ3脂肪酸、各種アミノ酸、各種補酵素などを含む食品を食べなくてはいけません。
ワカメだけを食べれば、とかの問題ではなく、バランスの良い食事で栄養素を摂る事が大事になってきます。
なかなか食生活は難しい事もありますので、医師に相談するのも良い考えだと思います。サプリメントなどもありますし、頭皮と毛髪に良いご自身に合ったものがあるといいですね。

【髪の栄養素となる食材】

『タンパク質』動物性と植物性とあり、肉、魚、卵、豆類などに豊富に含まれています。
『ビタミン』レバー、青魚、卵、大豆、乳製品、海藻、肉、鮭、マグロ、バナナ、ナッツ類、魚卵、ごま、植物油などに多く含まれています。
『ミネラル』鉄、銅、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、マグネシウム、などのミネラルが必要ですが、特に亜鉛が大事になってきます。赤身肉、レバー、魚介類(牡蠣などの貝類)納豆、ナッツ類、豆腐、海藻類などです。