海藻を食べると発毛する?ウソ?本当?

昔から海藻を食べると髪の毛にいいと薄毛の方にも食べれば?なんて言われることありませんか?海藻って本当に効果あるの?
日本人はワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻を良く食べます。でもAGAの人多いです。なぜ?ってなりますよね。
そのなぜを調べてみました。

【昆布やワカメの海藻類で発毛するのか?】

毎日、海藻類を気にして摂取しているが、本当に効果はあるのか!と疑問に思いながらも食べちゃいますよね。昔から良く海藻は髪の毛に良いと言われていますが、本当はどうなのでしょう?
「育毛に、発毛に、薄毛に」と連想のセットで考えられるほど海藻類は想像するのではないでしょうか。確かに海藻類は髪の毛には良いのですが、大量に食べたからといって、育毛と発毛には繋がりません。ウソまではいきませんが本当とも言えないのが答えなんです。
髪の毛の色艶は良くなるかもしれませんが、髪の毛自体を生成できるほどの栄養素は補えないのです。
海藻類には、ビタミンB2、亜鉛、ミネラル、食物繊維を多く含んでいますので栄養はありますが、髪の生成には足りないのです。

【では、髪の毛に良い必要な栄養素とは?】

髪の毛の成長を促進するには、毛根の中心部の毛母細胞を活性化し、分裂を繰り返さなくてはいけません。プラス頭皮トラブルを起こさないという条件も必要になります。そこで必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、青魚に含まれるオメガ3脂肪酸、各種アミノ酸、各種補酵素などを含む食品を食べなくてはいけません。
ワカメだけを食べれば、とかの問題ではなく、バランスの良い食事で栄養素を摂る事が大事になってきます。
なかなか食生活は難しい事もありますので、医師に相談するのも良い考えだと思います。サプリメントなどもありますし、頭皮と毛髪に良いご自身に合ったものがあるといいですね。

【髪の栄養素となる食材】

『タンパク質』動物性と植物性とあり、肉、魚、卵、豆類などに豊富に含まれています。
『ビタミン』レバー、青魚、卵、大豆、乳製品、海藻、肉、鮭、マグロ、バナナ、ナッツ類、魚卵、ごま、植物油などに多く含まれています。
『ミネラル』鉄、銅、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、マグネシウム、などのミネラルが必要ですが、特に亜鉛が大事になってきます。赤身肉、レバー、魚介類(牡蠣などの貝類)納豆、ナッツ類、豆腐、海藻類などです。

AGAとタバコの新常識

タバコを吸っている人は、体にさまざまな悪影響を及ぼします。
肺がんや、心肺機能の低下、肌が荒れるなどの症状が言われています。
AGAにもタバコというのは影響を及ぼします。タバコの煙を吸うと、体の血流が悪くなるという悪影響があります。これは頭皮の血流にも影響し、毛根の成長にも被害をこうむってきます。体の先端に血液が行かなくなり、皮膚の温度が冷え切ってしまいます。なのでタバコと言うのはAGAを気にしている人は控えたほうがいいでしょう。タールやニコチンの度数に関係なく、タバコは駄目です。
そしてタバコを一本吸うと、体のビタミンがなくなります。
髪の毛の成長にはビタミンは必須になります。なのでビタミンを無くしてしまうタバコはかなりの悪影響になってきます。
今では禁煙外来もかなり有名になってきているので、簡単に禁煙できることができます。しかし禁煙はAGAに良い影響を及ぼしますが、人によっては悪い影響を及ぼすことになります。
AGAはストレスも原因になります。人によってはAGAのために禁煙し、タバコを吸えないストレスでAGAが進行してしまったというケースもあります。
なので禁煙するのはAGA対策にオススメですが、無理なく禁煙することが大切です。
禁煙をすることにより、栄養素が効率的に頭皮にも送られるので、髪の毛が健康的に成長していきます。
いくら栄養素をとってもタバコで栄養が相殺されるので、うまく栄養が取り込まれません。なのでできるだけ禁煙をしましょう。
どうしても禁煙できない人は電子タバコがオススメです。
タバコと同じような味もあるので、楽に禁煙できます。
またタバコに含まれるニコチンがAGAの原因になるわけではありません。
タバコの煙に含まれる化学物質が悪影響を及ぼします。
電子タバコにはニコチン入りのものもありますので、比較的ストレス無くタバコをやめることができます。
ストレス無くタバコをやめられる方法を探し、AGA対策を行いましょう。