AGA(男性型脱毛症)赤色LEDに発毛効果が?ウソ?本当?

大阪大学医学部准教授の乾重樹さんが発表した論文「赤色LEDの毛成長促進作用の可能性とそのメカニズムの解析」に書かれているのですが、低出力レベルレーザー赤色LEDを頭皮に照射すると発毛・育毛効果を促進するという内容だそうです。
実際に治療に使っている病院もあるので、その中から記事を選らんで調べてみました。
アメリカの企業も発毛効果を確認したと発表しているそうです。

【超狭帯域(ちょうきょうたいいいき)LED光とは?】

面で当てる超狭帯域赤色LED照射には、頭皮下の深達度に優れていて、十分に毛乳頭細胞や他の様々な細胞の活性化を促進し、育毛、発毛効果を発揮するそうで、赤色LEDだけでなく、緑色、青色LEDも注目を集めています。
 色に関しての解明はまだ十分にされていないのですが、髪の育毛・発毛には赤色が1番なのでは、と言われています。
赤色が1番温かく感じ、赤外線に近く、深くまで浸透し、効果があるのではないかと言われています。

【面で当てる超狭帯域の効果は?】

超狭帯域の赤色LEDは毛乳頭細胞を活性化させるだけでなく、すべての細胞を活性化させている可能性があるのでは、とまだハッキリとは言いきれませんが、と使用している先生も言っていますが、効果はでているそうです。
先生が実際開発した「LED照射装置」を使い超狭帯域の赤色LEDを男性モニター患者10人の頭皮に使用し実験してみました。
週に1~3回を3ヵ月~8ヵ月の間約20分間行った結果、育毛の変化をみていくと有効率は100%で、そのうち2名は治癒、7名が著しく有効、1名が有効と良い結果をだしています。

【今後の発展は?】

京都大学工学部、高知大学医学部皮膚科、大阪大学医学部の先生方でさらなる研究も始まっているそうで、LED超狭帯域にすることで効果がでることは分かっているので、研究成果を明確にし発表されるのを待つだけではないでしょうか。
家庭用の装置が普及すれば、自宅で毎日15分超狭帯域の赤色LEDを照射すれば抜け毛を抑え、育毛の効果も期待できます。
自宅で薄毛の治療ができるのであれば、とても嬉しいですし、期待の装置ですね。

AGA(男性型脱毛症)男性の薄毛対策グッズ!頭皮エステ機器

パナソニックとアンファーとの共同開発で販売されている、頭皮エステを目的とした『スカルプD メカノバイオEH-SHM87』が8月7日に発売されました。販売価格は13,800円(税抜)で「アンファーストア」「パナソニックストア」などのオンラインサイトでも発売されています。

そんなスカルプDについて今日は書こうと思いますが、その前にAGAに一番効果が高い方法を先にご紹介します。一番効果が高いのはAGA専門クリニックです。医学的根拠に基づいた診断、処方をしてもらえるので間違いないというのが理由です。それを踏まえたうえで、AGA専門クリニック以外に考えられる対策ということでお話します。

【なぜ開発に踏み込んだか?】

累計販売1,200万本を突破している「スカルプDシャンプー」の購入者の意見を聞いてみたところ「頭皮ケアマシンを作って欲しい」との声が多かったのがきっかけだそうです。日本医科大学と共同研究した結果、頭皮ケアには頭皮を大きく動かす事が大事と分かり、アンファーの考える頭皮ケアがパナソニックの頭皮エステと考えが近かったのです。内容は、洗浄機能は勿論の事、ヘッドスパで行われるような動きを再現している点がアンファーが求めていたものに近かったので共同開発に至ったそうです。

【エステ機器を使うとどのような効果が?】

頭皮マッサージの実験を元に、強すぎず、弱すぎず適度な物理的刺激を与える事が発毛促進に優れた効果を発揮する可能性があるとしています。
この効果を発揮するのに役のたつのが頭皮エステ機器だとされ、頭皮を大きく動かす事で血行を促進し、育毛剤などの成分が浸透しやすくします。
メカノバイオは薄毛で悩んでいる方の他に、将来的に防ぎたい方などの予防対策にもなるとされています。

【薄毛対策に使用したいエステ機器】

スカルプDで薄毛対策男性シャンプーシェアNo.1のアンファーとパナソニックが共同開発した頭皮エステ機器の効果の特徴とは!
頭の丸みに合わせてどの部分にも密着するよう密着度を高めた「スカルプDブラシ」とヘッドスパの動きを再現した4つの突起がスパイラル状に動く「スカルプDモード」が搭載されている点が特徴だそうです。
この2つを組み合わせた事で、従来モデルより約1.4倍もの大きな動きに成功し、頭皮を大きく動かせるようになったそうです。運転モードは「Low/High/SCALP-D」の3つです。

【開発秘話】

メカノバイオの開発には、約3年の開発期間が必要で、頭皮を大きく動かす事にこだわり、女性ターゲットのヘッドスパエステシャンの指の動きに着目をし研究しました。
その結果、頭皮を動かすのには、人差し指と中指の動きが重要な事に気づき徹底分析し、頭皮をはさみあげ、持ち上げ、ねじあげる、という心地よい動きが実現したそうです。