AGAとタバコの新常識

タバコを吸っている人は、体にさまざまな悪影響を及ぼします。
肺がんや、心肺機能の低下、肌が荒れるなどの症状が言われています。
AGAにもタバコというのは影響を及ぼします。タバコの煙を吸うと、体の血流が悪くなるという悪影響があります。これは頭皮の血流にも影響し、毛根の成長にも被害をこうむってきます。体の先端に血液が行かなくなり、皮膚の温度が冷え切ってしまいます。なのでタバコと言うのはAGAを気にしている人は控えたほうがいいでしょう。タールやニコチンの度数に関係なく、タバコは駄目です。
そしてタバコを一本吸うと、体のビタミンがなくなります。
髪の毛の成長にはビタミンは必須になります。なのでビタミンを無くしてしまうタバコはかなりの悪影響になってきます。
今では禁煙外来もかなり有名になってきているので、簡単に禁煙できることができます。しかし禁煙はAGAに良い影響を及ぼしますが、人によっては悪い影響を及ぼすことになります。
AGAはストレスも原因になります。人によってはAGAのために禁煙し、タバコを吸えないストレスでAGAが進行してしまったというケースもあります。
なので禁煙するのはAGA対策にオススメですが、無理なく禁煙することが大切です。
禁煙をすることにより、栄養素が効率的に頭皮にも送られるので、髪の毛が健康的に成長していきます。
いくら栄養素をとってもタバコで栄養が相殺されるので、うまく栄養が取り込まれません。なのでできるだけ禁煙をしましょう。
どうしても禁煙できない人は電子タバコがオススメです。
タバコと同じような味もあるので、楽に禁煙できます。
またタバコに含まれるニコチンがAGAの原因になるわけではありません。
タバコの煙に含まれる化学物質が悪影響を及ぼします。
電子タバコにはニコチン入りのものもありますので、比較的ストレス無くタバコをやめることができます。
ストレス無くタバコをやめられる方法を探し、AGA対策を行いましょう。