薄毛には様々な種類があります

「薄毛」とひとくくりにしていますが、実は様々な症状と原因があります。

1.AGA

薄毛の代表格ともいえる、「AGA」ですが、AGAの主な症状としては頭頂部の髪の毛が薄くなったり、髪の生え際が後退したりすることがほとんどで、成人の男性に多く見られます。医学的には疾患ではなく、現象として扱われています。早ければ20代前半から症状が発生し、徐々に進行し、全体的に薄毛が目立つようになってきます。「髪の毛が細くなってきた」「髪の毛の分け目が広がってきたような気がする」「シャンプーの後に排水溝に髪の毛が大量に落ちている」「抜け毛が極端に多くなってきた」など気になることがあれば気をつけてください。

2.円形脱毛症

原因が特定しづらい脱毛症といわれる「円形脱毛症」。3割近くは精神的な問題から引き起こされることが多いといわれており、不安感・うつ症状、神経症などと関連して発生するとされています。「単発型」といわれる硬貨ほどの大きさの円形脱毛部位が発生する症状や、「多発型」といわれる円形脱毛部位が複数できるようになる症状、「全頭型」といわれる髪の毛のほとんどが脱毛してしまう症状など、大きく5種類に分類されています。
円形脱毛症の多くは単発型か多発型に分類され、そのうちの半数は20歳以下で発症するといわれています。「多発融合型」以外の症状に関しては精神的な問題が解決することで髪の毛が正常に生えてくることが多いとされています。

3.外傷性脱毛症

頭皮を強く圧迫したり、髪の毛を強く引っ張ったりした結果、脱毛してしまうことで、外的要因で脱毛してしまうことをさします。ヘルメットや帽子などをいつもかぶっていたり、髪の毛を強く引っ張った上で結ぶような髪型を続けていたりする人は気をつけた方がよいです。

この他にも症状(脱毛症)としてはいくつかありますが、それぞれの症状により受診すべき病院も変わってくる場合がありますので注意が必要です。AGAの場合はAGA専門クリニックが存在しており、初回カウンセリング無料のクリニックもありますので調べてみてください。